KHK
KHK
KHK
khk
khk
KHK_gear_world
Home HOME
製品情報
Webカタログ
オンラインショップ
KHK歯車大学
会社情報
カタログ請求
お問い合わせ
HOME
オンラインショップバナー
9800種の標準歯車をネット上でご購入いただけます。
HOME
Webカタログバナー
強度計算や作図ができます
HOME
歯車工房
穴、キー、タップを標準化
HOME
歯車工房
メーカー保証の追加工
HOME
オーダー歯車
オーダー歯車、承ります
HOME
カタログ請求
カタログ請求はこちら
khk
歯車初級編
khk  
Home | KHK歯車大学 | 歯車技術資料 | 歯車技術資料(HTML版) | インボリュート歯車 | 歯形と寸法
インボリュート歯車
3 歯車入門編
 
現在、動力伝達用歯車に広く使用されている歯形は、インボリュート歯形です。
このインボリュート歯車は、製作しやすいとか、中心距離が多少ちがってもスムーズにかみ合うなどの特長があります。
インボリュート歯車の歯形および寸法
インボリュート歯車歯形の基準となるラック歯形を図3.1 に示します。
表3.1 には歯形に関して良く使われる用語、記号、計算式及び定義を示します。
この歯車の歯形のように歯たけがモジュールの2.25 倍ある歯形を並歯と言います。
この並歯が最も一般的ですが、場合によってはこれよりも歯たけが低い低歯、歯たけが高い高歯も使われています。
圧力角は20 度が一般的ですが、14.5 度、17.5 度などの特殊な圧力角を用いることもあります。
図3.1 基準ラック歯形(並歯)
 
表3.1 歯形に関する用語
用語 記号 定義
モジュール m 歯の大きさをミリメートル単位で表したもの基準ピッチを円周率π で除した値
ピッチ p πm 基準線上での隣の歯までの距離モジュールm を円周率(π) 倍した値
圧力角 α (20度) 歯が基準線の法線に対して傾むいている角度
歯末(はずえ)のたけ ha 1.00m 基準線から歯先までの距離
歯元(はもと)のたけ hf 1.25m 基準線から歯底までの距離
歯たけ h 2.25m 歯先から歯底までの距離
かみ合い歯たけ hw 2.00m 相手歯車とかみ合う歯のたけ
頂げき c 0.25m 歯底から相手歯車の歯先までの距離(すき間)
歯底すみ肉部曲率半径 ρf 0.38m 歯面と歯底との間の曲率の半径

 
 
JIS 規格で決められた一般機械及び重機械用の平歯車及びはすば歯車に用いるモジュールの標準値を表3.2 に示します。
できるだけT列のモジュールを用いること、及びモジュール6.5 は出来るかぎり使用しないことが推奨されています。
表3.1 モジュールの標準値 単位 mm
T U
0.1
0.2
0.3
0.4
0.5
0.6

0.8
1
1.25
1.5
2
2.5
3
4
5
6

8
10
12
16
20
25
32
40
50
 
0.15
0.25
0.35
0.45
0.55
0.7
0.75
0.9
1.125
1.375
1.75
2.25
2.75

3.5
4.5
5.5
(6.5)
7
9
11
14
18
22
28
36
45
JIS B 1701-2:1999 円筒歯車 -インボリュート歯車歯型第二部:モジュールから抜粋


図3.2 には、モジュールのラック歯形の原寸図を示します。

モジュール以外に歯の大きさを表わす単位としては、サーキュラピッチp(CP) 又はダイヤメトラルピッチPが使われています。
サーキュラピッチ(CP) とは、基準ピッチpのことです。この基準ピッチを整数にすることにより、ラック&ピニオンによる送り機構における送り量をぴったりした整数にすることが容易になります。
ダイヤメトラルピッチP(DP) は、長さの単位としてインチを採用していた国々( 例えばアメリカなど)で使用されていた歯の大きさを表す単位です。
ダイヤメトラルピッチPは(3.1) 式でモジュールmに換算することができます。


モジュール(m)、ピッチ(CP)、及びダイヤメトラルピッチ(DP) の比較表を示します。


ご意見ご希望は技術課まで

最新情報は最新カタログでご確認下さいますよう、お願いいたします。


インボリュート歯車トップへ

khk
 
KHK
khk
(R) 1996-2014 KHK Kohara Gear Industry Co., Ltd. All Rights Reserved.