logo

会社トップバナー
製品情報見出し画像
HOME > KHK製品情報 > Fシリーズ(ブッシング一体・摩擦締結歯車)

Fシリーズ(ブッシング一体・摩擦締結歯車)

軸と歯車を締結する方法の一つです。
ここではブッシュを使って軸と歯車を締結する摩擦締結歯車をご紹介いたします。 ブッシング一体・摩擦締結歯車シリーズFシリーズと命名し受注後2日で完成する追加工製品です。
公開用リーフレット(2016.11.17現在)

2016年11月17日発売開始

Fシリーズ ロゴ

軸と歯車の締結時 お困りごと

軸と歯車の締結時 お困りごとを解決いたします

Fシリーズの特長
・締結時の軸と歯車のガタツキがない
・自由な位置に取り付けられ歯合わせも簡単
・取り付け、取り外しが簡単で繰り返し使用できる
・過負荷時にはブッシュが滑って歯車へのダメージを軽減できる

締結構造
締結の構造(1ピースの場合)締結の構造(2ピースの場合)

締結原理
締結の原理(1ピースの場合)締結の原理(2ピースの場合)

摩擦締結 1ピース対応製品
SS 平歯車 画像 SSA 平歯車 画像

摩擦締結 2ピース対応製品
SSG 歯研平歯車 画像


KHK製品のお求めについて

●全国ネットの販売網が完備しています。
 全国の機械工具、伝動用品店、KHKオンラインショップにてお求めください。

●ご注文はカタログ記号でお申し付けください。
 KHK標準歯車は、寸法表に記載されているカタログ記号でお申し付けください。

お問合せ

●お電話
048-255-4871(代) 受付時間 8:30~17:30(土・日・祝日を除く)

●お問合せフォーム
随時受付中 お問合せフォーム



Fシリーズ 集合写真
Fシリーズとは
● KHK 独自の規格追加工製品
標準歯車の下穴製品をベースにブッシング一体歯車をKHK独自の規格でシリーズ化した3品目2,100種の製品です。
●生産効率と品質を追求
最新の機械設備とJIT 生産ラインにより生産効率と品質を追求。メーカーが行う追加工で信頼性の高い製品をご提供致します。
●短納期でお手元へ
標準歯車の製品在庫からJIT 生産ラインで素早く対応。カタログ記号で 1 個から 20 個まで購入でき、受注後実働 2 日で完成いたします。
21 個以上は別途お見積させていただきます。
注1: 実働とは休日及び受注日を除く機械稼動日です。
注2:受注後、直ぐに加工に入るため、キャンセルすることはできません。


Fシリーズ 全ラインナップ一覧
シリーズ 仕様 ブッシュ
部品数
ラインナップ数
SSG 歯研平歯車 (m2~3、歯数25~100) 2ピース 616種類
SS 平歯車 (m1.5~3 、歯数19~150) 1ピース 1136種類
SSA 平歯車 (m2~3 歯数20~100) 1ピース 330種類

「Fシリーズ」のご注文にあたって

●受注生産品のため、受注後実働2日以内(受注日除く)でメーカー完成となります。
●受注後、直ぐに加工に入るため、キャンセルすることはできません。
●対応数は1~20個です。20個を超える場合は、別途お見積りとさせていただきます。
●穴加工後の再黒染めをしていません。
●在庫切れの場合は別途お打合せとなります。

Fシリーズの注文の際には

Fシリーズの注文 カタログ記号
Aタイプ:歯側にブッシュをセット


Bタイプ:ボス側にブッシュをセット


KHK製品のお求めについて

●全国ネットの販売網が完備しています。
 全国の機械工具、伝動用品店、KHKオンラインショップにてお求めください。

●ご注文はカタログ記号でお申し付けください。
 KHK標準歯車は、寸法表に記載されているカタログ記号でお申し付けください。

お問合せ

●お電話
048-255-4871(代) 受付時間 8:30~17:30(土・日・祝日を除く)

●お問合せフォーム
随時受付中 お問合せフォーム

取付け方法と注意事項
①軸径の推奨公差はh7です。限度はh8で、振れを少なくしたい場合はh6を推奨します。また、軸径の表面粗さは1.6aを基準としてください
②締結部の穴と軸表面のゴミ、汚れ、油分は綺麗に拭取り、ブッシュのツバを歯車に密着させながら軸に完全に通してから締結してください。また、取外しができなくなるため、歯車の背面側には1mm以上の隙間が必要です。(図1)
③ボルトの締め付け方法は、対角線上にトルクレンチで締めて行きます。 最初は規定トルクの1/4で締め、次に規定トルクの1/2で締めてから最後に規定トルクで締め付けます。軸に入れずに締め付けたり、ボルトを抜きタップ側に入れて締め付けないでください。(図2)
④軸にキー溝がある場合、締結部の接触面積が減少することから15~20%伝達力がダウンします。
締結部の取り付け上の注意1

締結部の取り付け上の注意2

取外し方法と注意事項
①動力源(電源)を切り、歯車に負荷が掛かっていないこと、及び落下などの危険がないことを確認してください。
②取り外したボルトを全ての抜きタップに挿入し、対角線の順に均等な力で徐々に締め込むと外れます。
③締結ボルトの再使用時は座面およびネジ面が荒れることで締結力が低下するため、同サイズの新品ボルトのご使用を推奨します。

KHK製品のお求めについて

●全国ネットの販売網が完備しています。
 全国の機械工具、伝動用品店、KHKオンラインショップにてお求めください。

●ご注文はカタログ記号でお申し付けください。
 KHK標準歯車は、寸法表に記載されているカタログ記号でお申し付けください。

お問合せ

●お電話
048-255-4871(代) 受付時間 8:30~17:30(土・日・祝日を除く)

●お問合せフォーム
随時受付中 お問合せフォーム

歯車技術資料
歯車技術資料

初心者や実務者に分かりやすく写真を使ってご紹介している歯車ガイドブック「歯車ABC」
設計者や技術者の方に設計時に使用する歯車資料をご用意しました。
詳細は歯車技術資料をご覧ください。

KHKオンラインショップ
Web限定 納期1日 2012年11月よりお客様にスピーディー対応できるように、オンラインショップを始めました。
2015年6月より歯車が破損したなどの緊急対応サービスを開始!
KHKオンラインショップ限定のサービスです。 「Jシリーズ エクストラサービス」をご用命ください。
KHK製品のカタログ記号で検索
KHK製品をモジュール歯数で検索



歯車計算ソフトGCSW
歯車計算ソフトGCSW
歯車作図ソフトGDSW
歯車作図ソフトGDSW
CAD データ
CADデータダウンロード
カタログ請求
CADデータダウンロード
Web版 カタログ
CADデータダウンロード
ネット販売
CADデータダウンロード
納期1日 追加工サービス
CADデータダウンロード