[MRGCPF・MRGCPFD CP焼入歯研ラック] シリーズ一覧   
形状図
共通仕様
精度等級 KHK R 001 1級 歯面硬度 55~60HRC
歯形 並歯 表面処理 なし
圧力角 20° 歯面仕上げ 研削
材料 SCM415 歯研基準面 底面
熱処理 歯部のみ浸炭焼入 追加工 可能
*Jシリーズは、表記精度等級「相当品」です。
  1 / 1 ページ    全 4 件   
< 1 >    注意事項    
カタログ記号
ピッチmm
(モジュール)
歯数 形状 全長
A
歯幅
B
高さ
C
かみ合い高さ
D
取付穴高さ
E
取付穴位置
F
取付穴ピッチ
G
取付穴数 使用ねじ 座ぐり深さ
H
座ぐり径
I
キリ穴径
J
許容曲げ強さ
(kgf)
許容歯面強さ
(kgf)
質量
(kg)
価格
(円)
J シリーズ価格
1∼ 4個
J シリーズ価格
5∼ 20個
  MRGCPF5-500 
  MRGCPF10-500 
 MRGCPFD5-500J 
 MRGCPFD10-500J 
CP5(1.5915)100RF500152018.41        5485091.0849,300  
CP10(3.1831)50RF500303531.82        219020503.7562,200  
CP5(1.5915)100RD500152018.418251504M561065485091.06 51,48050,650
CP10(3.1831)50RD500303531.8214251504M1010.817.511219020503.61 64,48063,660
製品の注意
[Jシリーズの注意]  ①製品は受注生産品のため、受注後実働2日以内(受注日除く)でメーカー完成を基本としておりますが、在庫切れの場合は別途お打ち合わせとなります。また、対応数は1~20個です。20個を超える場合は、別途お見積りさせていただきます。

[製品特性上の注意]  ①表記の許容伝達力は任意の使用条件で計算した参考値です。詳細については注意事項をご覧ください。
 ②ラックのバックラッシは、使用する相手ピニオンによって異なるため、「ラック単体のバックラッシ(歯厚減少量)」及び相手ピニオンのバックラッシから算出してください。

[追加工上の注意]  ①CPラック&ピニオンを追加工するときは注意事項の「追加工するときの注意」をご覧の上、安全面に注意して加工してください。当社でも「歯車工房」にて追加工を承っております。
 ②形状図に記載の-・・-線部は防炭処理を施しているため追加工が可能です。ただし、両端面は防炭処理を施していないため、吊りタップなどの加工はできません。