[PR・PRFプラスチックラック] シリーズ一覧   
形状図
共通仕様
精度等級 KHK R 001 5級 歯面硬度 (115~120HRR)
歯形 並歯 表面処理 なし
圧力角 20° 歯面仕上げ 切削
材料 MC901 歯切基準面 底面
熱処理 なし 追加工 可能
*本製品は、表記精度等級「相当品」です。
  1 / 1 ページ    全 13 件    モジュール     
< 1 >    注意事項    
カタログ記号
モジュール
有効歯数 形状 全長
A
歯幅
B
高さ
C
かみ合い高さ
D
許容曲げ強さ
(kgf)
質量
(kg)
価格
(円)
  PR1-500 
  PR1.5-500 
  PR1.5-1000 
  PR2-500 
  PR2-1000 
  PR2.5-500 
  PR2.5-1000 
  PR3-500 
  PR3-1000 
  PRF1.5-1000 
  PRF2-1000 
  PRF2.5-1000 
  PRF3-1000 
1159R15051012119.460.0646,500
1.5105R1505152018.521.30.167,800
1.5212R11010152018.521.30.3314,400
279R150520252337.90.2710,000
2159R1101020252337.90.5417,600
2.563R1505253027.559.20.4013,000
2.5127R11010253027.559.20.8123,400
352R150530353285.20.5615,600
3105R1101030353285.21.1228,100
1.5212RF999.03152018.521.30.3216,500
2160RF1005.3120252337.90.5419,400
2.5128RF1005.31253027.559.20.8025,100
3106RF999.0330353285.21.1130,000
製品の注意
[製品特性上の注意]  ①表記の許容伝達力は任意の使用条件で計算した参考値です。詳細については注意事項をご覧ください。
 ②ラックのバックラッシは、使用する相手ピニオンによって異なるため、「「ラック単体のバックラッシ(歯厚減少量)」及び相手ピニオンのバックラッシから算出してください。
 ③プラスチックラックは温度や湿度によって材料が伸縮し、1m当りの長さが、温度が10度変化すると0.45mm、2%の吸水で約5mmの範囲で寸法が変化します。ご検討の際は歯車技術資料の「プラスチック歯車の設計」をご覧ください。
 ④経年変化で数ミリ曲がることがありますが、ご使用時に歯切基準面(歯底)を取付面に密着させて取付けて頂ければ、歯切り時の歯車精度でご使用いただけます。

[追加工上の注意]  ①ラックを追加工するときは注意事項の「追加工するときの注意」をご覧の上、安全面に注意して加工してください。当社でも「歯車工房」にて追加工を承っております。
 ②プラスチックラックは、温度や湿度の影響を受けやすい製品です。加工中と加工後の寸法に変化がありますのでご注意ください。ラックを何本かつなぎ合わせて使用するときの取り付け穴加工は、取付部との同時加工をお勧めします。